業者によって違うホームページ制作料金

業者によって違うホームページ制作料金

今までホームページ制作を外部に依頼されたことがある方であれば経験があると思います。

 

同じように依頼しても出てくる見積りが全然違う。

 

少しの差ならいいですが、規模によっては、何十万単位で変わってくることがあります。

これほど金額に差が出るのはなぜなんでしょうか?

 

結論から言ってしまうと金額に差が出る理由は、大きく絞って

経費の違い 作業内容の違い

この2点です。

 

経費の違い

グリーンデイズでも、1時間当たりの人件費を決めています。

ホームページ制作にかかる作業は以下のような工程があり、
それぞれに人件費がかかります。

  • 営業
  • 企画・提案
  • ワイヤーフレーム作成
  • デザインカンプ作成
  • HTML/CSSコーディング
  • プログラムミング

それに対して役割も以下のように分かれます。

  • 企画営業
  • Webディレクター
  • Webデザイナー
  • コーダー
  • SE,プログラマー

個人事業者の場合は、ほとんどの場合自分自身のみで全て行うので、人件費は抑えられます。

大きい会社の場合は、関わる人数も多くそれぞれに分業化されます。
多数の人間がかかわるので、情報共有、コミュニケーション費も上乗せされます。

このことから企業規模によって人件費も変わってくることが分かると思います。

作業内容の違い

制作会社の器量、技術などによっても、金額が変わってきます。

分かりやすく言うと
作るだけの制作会社よく考えて作る制作会社です。

例えば、

●依頼者(パン屋さん)

  • 【依頼事項1】全部で5ページのホームページを作ってほしい。
  • 【依頼事項2】商品の紹介とブログもやりたいので、こっちで更新できるようにしてほしい。
  • HP制作会社X社の回答 ・・・5万円でできます。
  • HP制作会社Y社の回答・・・50万円でできます。

安いのは安い理由が必ずあるはずです。

金額だけ見ると45万円の差は大きいですよね。

どんなものでもそうですが、安いものは必ず理由があるはずです。ただ安いからといって飛びつくのはよくありません。

5万円でできるといったX社の回答は、

  • テンプレートに沿って文章と写真をはめ込んでいきます。
  • デザインを書き起こすことはありません。
  • 文章や写真は全てお客様に提供していただきます。
  • 販促、集客についてリサーチなしのまま作る。

とのことでした。

つまり、ホームページができるだけです。

これを理解したうえで5万円だったら納得するかもしれません。

 

対して50万でできますといったY社は、

  • オリジナルデザインの作成
  • 企画段階でのマーケティング調査
  • 3か月間の無料サポート付

とのことでした。

つまり、ホームページの力を引き出す内容になっています。

これで50万円だったら納得するかもしれませんよね?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会社規模や業者側の提案によって大きく差が出ることが分かると思います。

高いから良い。ということでもなく自分に合っているのは何かが重要です。

グリーンデイズでも近々5万円プランを打ち出す予定です。ホームページがとりあえずでもいいから欲しい・・・けど自分でやるのは面倒だし、だからと言ってお金もかけたくない・・・という方向けのプランです。

こでは安いものでも良い。という需要にお答えするためです。

グリーンデイズでは、その方の状況、環境などを考え、最適なご提案をさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

この記事を書いた人

グリーンデイズ代表兼Webディレクターの鈴木伸聡(スズキノブトシ)です。静岡県浜松市では最もポピュラーの名字です^^;Web業界歴15年ほど。浜松近辺の磐田、袋井、掛川、湖西などはもちろんですが、名古屋、静岡には仕事で行くことがあります。最近趣味がなくて困ってます。何かオススメあれば教えてください。